内容は正社員並み

もし、テレフォンオペレーターの仕事を探している人がいらしたら、正社員での採用は難しいと思って下さい。別に後ろ向きのことを言うわけではなく、事実だからです。テレフォンオペレーターの求人は、比較的多くあります。求人情報誌や新聞広告、インターネットでの求人サイトでも、テレフォンオペレーターの求人は多数掲載されています。しかし、どれもこれも「アルバイト・パート」か「派遣」です。正社員でのテレフォンオペレーターの募集は、皆無に等しいのです。

職場によっては、「社員登用の可能性あり」や、社員並みに高待遇で「契約社員」とされる場合もあります。しかし、スタートは必ずと言ってよいほど、「アルバイト・パート」か「派遣」です。正社員でないからといって、簡単な仕事内容ばかりではありません。中には何ヶ月も研修をして、向き不向きを見極めて、正式採用するテレフォンオペレーターの仕事もあります。勿論、研修期間も給料は支給されますが、研修後に解雇されるのは、精神的に辛い状況です。

スキルは研修で磨く

テレフォンオペレーター 派遣かなり多くの求人が掲載されているテレフォンオペレーターのお仕事。しかし、この職種ほど「向き・不向き」がハッキリと分かれる職種はないと思います。仕事内容も、テレフォンオペレーターと一言では片付けられないほど、多岐に渡ります。勿論、「テレフォン」とつくのですから、電話を使用した業務です。大まかに分類して、「インバウンド(受信業務)」と「アウトバウンド(発信業務)」があります。
「インバウンド」の代表的な業務は、テレフォンショッピングなどの商品の受注、料金の問い合わせ、お客様相談室、アフターフォロー、資料請求受付、テクニカルヘルプデスクなど。「アウトバウンド」の代表的な業務は、アンケート調査、代金未払いの督促、住所などの本人確認、ダイレクトメールフォロー、営業のフォロー、勧誘など。

「インバウンド」と「アウトバウンド」。前者の方が人気があるようです。しかし、お客さまから様々な質問を受け、的確に答えなければなりません。業務内容によっては、かなりの知識が要求されます。経験者の方が、採用する側からすれば安心かもしれませんが、どちらの業務にも、割合長い期間の研修が用意されているケースがあります。初心者でも頑張り次第で出来る業務です。最低限、パソコンの基本的な操作が出来ることが、条件です。電話応対しながらの入力操作が多いので、ブラインドタッチが出来、正確で尚且つスピードも求められます。そして、強い精神力は必須です。